Home

太陽光発電の施工と話し合い

では次に、実際取り付けをしてもらう際の話をしていきたいと思います。
さきほど、屋根の上に取り付けるですとか、お庭や畑などにも設置をすることが出来る。
という話をしましたね。
それぞれ、まず取り付けたり設置をしたりすることが出来るかどうか。
確認をする必要があります。
業者に見積りを出してもらうというのは、おおよその費用の提示になります。
まずは簡単に見積もりを出してもらって、おおよそこれぐらいになるでしょう。
という説明を受けるんです。
そしてその次に業者が自宅に訪問をしてきます。
実際取り付けをすることが出来るのか。
そして費用は最終的にいくらかかるのか。
と調査をしてくれるということです。
また工事の方法も確認をしてくれます。
最終的にかかる費用に問題がなければ、本契約という流れですね。
そして工事について日程はいつにするのか?
と話をしていきます。
どれぐらい時間がかかるのか?
きちんと確認をしておきましょう。
工事の内容にもよりますが、1日で終わることもあります。
午前中から夕方まで時間をかけて、太陽光パネルの取り付けをして、そして給湯器などの取り換えが必要であれば行う。
いま住んでいる自宅にて取り付けをお願いする場合、夜はご飯を作ったりですとか、お風呂に入ったりということが考えられます。
極力1日で終わるように、工事中も問題なく生活が出来るように。
配慮をしてもらえるように、業者にお願いをしてみましょう。
またご近所さんに対しての、影響についても確認をしておきましょう。
騒音はしないのか?
音がするのであれば、ご近所さんにあらかじめ挨拶をする必要がありますね。
こちらで挨拶をした方が良いのか。
細かく話しあいをしておくことで、当日の混乱も避けることが出来ますね。
太陽光発電を施工する際には、色々と準備をする必要がありますので、業者と一緒にスケジュールを立てていくようにしましょう。
また無理なくすすめてもらうようにしたいですね。