Home

大分で考える

我が家が家をたてたのがいまから20年も前のときですが、そのころも業者から太陽光発電というシステムがあるのを説明されました。
かなり興味があったのですが、コストがかなり高かったということとそのころ導入している家がそんなになかったので、断念しましたがいまは、ご近所の家をみても、ソーラーパネルを設置して太陽光発電をしている家がかなりの数であります。
とくに、東日本大震災後に増えたような気がします。
あの震災で、電気がないと私たちの生活はなりたたないということを痛感したのです。
我が家も震災当日はしばらくの時間停電して、周りも真っ黒になってしまいましたしその後、計画停電があって、日々のくらしにもかなり不便を感じてしまいました。
あのときに、自分で使う電力ぐらいは自分でつくりたいと思ったかたも多いと思います。
そして、ご家庭で電気をつくるのだったら、環境にもやさしい太陽光でつくれるというシステムが人気になったのもわかります。
原発はたしかに便利でしょうが、それ以上に危険だということも痛感しましたので太陽さえでていれば電気がつくれるというシステムに魅力を感じたのもよくわかりますよね。
さらに、昔はかなり高額な費用もいまは、かなり求めやすい価格になっていることと、いろいろな業者が取り扱っているので、いろいろ比べてみられるということといろんなシステムがあって自分の家にあった太陽光発電を選べるというのもいいですよね。
さらに地方自治体によっては、太陽光発電を導入することによって費用の補助が受けられるところもあるというのでより、導入しやすくなっているという環境の変化もあげられるのです。
なんといっても太陽の光があれば発電できるので、どこでもできるのがいいですよね。
大分などは、日照時間も長いですから太陽光発電をとりいれやすい場所とも言えるのです。
環境にもやさしくて、あまった電力は売れるというメリットもある太陽光発電これからもっと普及するでしょうね。