Home

近年は設置する条件が整ってきた。

埼玉県を中心に私は住宅設計の仕事をしているのですが、エコ意識の高まりと共に、各住宅メーカーも節電対策や断熱効果の高い住宅などをコンセプトにしている会社が増えました。
その中でも圧倒的に多いのが屋根の上に太陽光発電の設置をプランに組み込んだものです。
それだけお客様からニーズがある事の裏付けでもあるのですが、その背景の一つに昨年の東関東大震災後の電力不足による計画停電で電気の大切さを知った方が沢山いらっしゃった事があると思います。
懐中電灯やろうそくの灯りで過ごした辛さは脳裏に残っていて地震大国の日本はいつまた大きな地震がくるかも解らないからです。
なので自宅の屋根の上で自家発電出来る太陽光パネルは必要と考える方が増えたんだと思います。
また昔に比べると設置費用が大幅に安くなったのも設置を増やしている理由です。
太陽光発電を取り付ける時にある程度の初期費用は掛かっても長い目のランニングコストでみればお得という事が浸透し、十分初期投資分は回収できるという見込みが経ったからです。
最近ではプランニングの初期段階から太陽光発電をたくさん取り付けたいという希望が第一にあって、そこから住宅の向きや屋根形状を設計していくというケースも出てきました。
たくさん太陽光パネルを乗せれば良いという訳ではないので、十分な発電量が確保できるかどうかは専門業者に下見してもらう事をお勧めします。
十分確保できれば家計は楽になりエコ活動にもなり良い事づくしなのでぜひ興味がある方は検討してみると良いと思います。