Home

代替エネルギーを持つという安心

太陽光発電の導入が盛んに行われ、
国や自治体からの補助金などもでることから、多くのかたがたが
太陽光発電システムをご自宅に取り付けなさっているようですが、
いくら補助金がでるとはいえ、それなりに高いシステムを導入するのですから、
それなりに思い切った決断が必要だったと思います。
太陽光発電を導入された方々に、どのようにして決定に至ったのか?
尋ねてみると、「停電になったときの不自由さを考え、
自分達で少しでも電力をまかないたかった」とか、
「折角無料の代替エネルギー(太陽)が、すぐそばにあるのだから、
利用したほうがいいと思った」という答えが返ってきました。
確かに代替エネルギーを確保しておくと、いざという時に、
慌てずに済みます。
日本人は日ごろから、よく準備をして、災害に備えているといわれますが、
まさしく、この太陽光発電を導入して、いざという時のために、
代替エネルギーの確保をしておく、ということが、日本人気質を表していますね。
そしてこうした事はあとになってみると、
「予め用意しておいてよかったね♪」という結果になるのだと思います。