Home

名古屋市の補助金をもらって設置しよう!

CO2を排出せず、地球温暖化防止に貢献でき、毎月の光熱費が大幅に削減でき、しかも、災害時や停電時に非常電源として役立てることができる、太陽光発電のメリットは多くの人が認識しています。
しかし、どの導入を阻むのは、やはり、初期費用でしょう。
太陽光発電システムの購入や設置工事の費用は、規模や品質によっては、数百万円することもあり、初期費用の高さが、導入促進のネックになっているようです。
そこで、国では、太陽光発電の普及促進のため補助金制度を設けて、導入を支援しています。
補助金制度は、県や市区町村でも行っている場合があります。
名古屋にお住まいの場合、名古屋市からも補助金を受けることができます。
補助金には年度ごとに補助件数が定められており、平成24年度は、8,800kWに達するまで、2200件程度を予定しています。
補助単価は2万円/kWです。
申請時に、補助金申請の受理決定通知書の写しを提出することが条件となっています。
請求の流れとしては、太陽光発電設置の契約を行い、工事に着手する前に、国への申請と名古屋市の委託する担当窓口に対して必要書類の提出を行います。
工事着手後の申請では補助金が認められません。
建売住宅を購入する場合は、引き渡しを受ける前に申請を行いましょう。
名古屋市から2ヶ月ほどで「交付額確定通知書」と「請求書」が送られてくるので、その請求書に、国から送付された補助金申請の受理決定通知書の写しを添付して、申請を行います。