Home

太陽光発電もリフォームが発生します。

住宅の屋根の上などに設置する太陽光発電にも寿命があります。
瓦・スレートなどの屋根材の寿命と太陽電池の寿命には違いが有りますから、リフォームの時期が違います。
パワーコンディショナーや接続部品は消耗品ですから、交換する必要が生じます。
技術の進歩によって発電効率が良くなったり、小型化することも考えられますし、製品の廃番も考えられますから、リフォームに対応しやすい施工方法を取り入れたいものです。
屋根材と一体型の太陽電池もありますし、屋根に直接固定する方法や金物を使用して固定する方法、屋根材の上に架台を作る方法などがあります。
それぞれの工法には、メリット・デメリットがありますし、住宅の条件も様々です。
導入時には、寿命になった時に取替えなどのリフォームのし易さも検討材料に入れておけば、長期的にはコストパフォーマンスが高まります。
将来的にリフォームが必要と考えると、住宅の屋根に影響が少ない工法を取り入れておきたいものです。